長時間のデスクワークによる肩こりが辛いあなたへ 日本橋浜町のヒーローズ整体院

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

長時間のデスクワークに肩こりはつきものです。日本橋浜町の整体

当院のお客様はデスクワークが長時間に及び肩こりや腰痛を訴えられる方がが多く来院されます

そのため硬くなっている筋肉や骨格を整えるだけではなくてデスクワーク時の注意点をお伝えしています

デスクワーク時のチェックポイント

前のめりになりすぎていないか

  

足はしっかりついているか

肩が上がっていないか

 

顎が上がってないか

そしてパソコンの高さは適切か?

この5つをチェックして肩こり腰痛の予防に努めてもらえればと思います

チェック1 前のめりになりすぎていると肩こりはおきます 

前のめりになると腰が反り腰ようになってしまいます

「そり腰 座る」の画像検索結果

また腰椎と骨盤の間の仙腸関節腰仙関節といったところの動きが阻害され腰の筋肉が絶えず収縮することによりコリが生まれ痛みとなります。

「仙腸関節」の画像検索結果

その予防方法としては骨盤を立てて背筋を正しくと思って背筋をピンと伸ばして座るのではなく

お尻のぽこっとしたが骨という骨で座り力を抜いて座るというのが大事になってきます

「坐骨」の画像検索結果

足がしっかりついていないと肩こりはおきます

前のめりになってしまうとどうしても

膝を曲げ足を引きつま先立ちになったような形で

デスクワークをしているんではないでしょうか?

足の裏がしっかりついておらず

つま先しか地面についていないと前方重心になってしまい

足からの骨格の連動で先ほどの一つ目で述べた反り腰ようになってしまいます

そのため足の裏がしっかりつく五を選択し内股にならないようにやや足を開き気味で地面につくことが自然な座る姿勢となります

肩が上がっていると肩こりはおきます

長時間のデスクワークになるとどうしても肩が上がってしまいます

違ってしまうと肩甲骨が固定されるため肩甲骨の周りが凝り痛みを生じた

肩甲骨から骨盤についている広背筋などの背中の筋肉も硬くなるため腰痛を引き起こしたりしてしまいます

そこで健康肩を落とすためには小胸筋というところをマッサージしてください

おそらくほとんどの方が固くなってることでしょう

「小胸筋」の画像検索結果

片方10秒ずつでいいので指先でマッサージをしてもらうと肩をが落ち肩甲骨が楽に動きやすくなる姿勢になります

その状態でデスクワークを行うようにしてください

顎が上がっていると肩こりはおきます

これは前のめり反り腰肩が上がるとその結果として顎が上がってしまいます

他の所が治っても顎だけ上がっていると首のこりを生じてしまいま

そのため顎をややようにしてデスクワークを行う

パソコンのモニターの位置によって肩こりはおきます

モニターを見てキーボードにキーボードやマウスにておいた時に

今まで述べてきたように足がついているか坐骨で座りが入っていないか

肩が上がっていないか顎が上がっていないか

全てのチェックポイントをクリアできるのであればあなたのパソコンの位置は正しいです。

会社に勤務しているとなかなかパソコンの位置をずらせない方もいらっしゃるかもしれませんが

今後中長期的に同じ仕事をされるのであればパソコンの位置の見直しはとても重要になります

私もデスクワークは行いますが今後避けられるものではないと思いますので

ご自身の体に痛みが生じないように

痛みのある方は痛みが増さないように

日々のケアとデスクワークの姿勢を見直してみてはいかがでしょうか

肩こりを根本から改善したい方はこちら

 

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA