低体温と慢性痛 日本橋浜町にあるヒーローズ整体院へ

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

低体温があなたの健康を害する?

あなたは自分の体温を知っていますか?

実は今平熱が36°以下の低体温の人が増えています。

低体温は体にとってとても危険な状態です。

「低体温」の画像検索結果

しかしこういった夏であれば特に自覚症状はありません。

体温が少々低くても外の環境が暑いのでなかなか自覚がないのです。

低体温が続くと様々な病気を招く、とても危険な状態を起こします

肌荒れ、便秘、歯周病といった比較的軽い症状から

胃もたれ、糖尿病、骨粗しょう症、認知症、アトピー、花粉症

などのアレルギー疾患も発症します

また低体温であると新陳代謝能力が落ちるため

筋肉の質も低下し傷つきやすい状態になってしまいます

腰痛や膝の痛みで体温関係あるの?

と思われがちですが

意外と自分の体温を測ると

低いことに気がつくかと思われます

そういった場合、

体内の筋肉の中では

痛みを感じる物質や

疲労物質が溜まりやすい状態になります。

それは低体温により免疫細胞が働きにくい状態だからです。

「新陳代謝」の画像検索結果

なぜ低体温になってしまうのでしょうか?

その原因はストレスです。

人間関係などの精神的ストレス、

または社会で生きている時の環境的ストレス

そして体を歪ませてしまったり

同じ姿勢を通ってしまう身体的ストレス

「ストレス」の画像検索結果

このどれかが多くなりすぎると

体を痛めたり不調にする原因となります。

私たちはこういったストレスを日々を受ける際に

健康を保つための機能が備わっています。

一つは自律神経のバランス

私たちの自律神経は交感神経と副交感神経が交互に体を支配しバランスを保っています

ここでは自律神経の話は置いておきますが

自律神経がどちらかに過剰になりすぎると

これまた体を壊す原因となってしまいます

そしてもう一つはホルモンバランスです。

体の中に痛みがあったり不調があり、

細胞がダメージを受けた時に細胞のダメージを回復させる役割をホルモンが担っています。

このように自律神経系とホルモン系の二つの機能が働き

ストレスから体を守っています。

この二つがのバランスが崩れると

血流の流れが悪くなり、低体温になったり細胞の新陳代謝がなかなか行われず

回復が遅くなりやはり低体温になるのです 。

我々がかすり傷を負った時には

放っておくか絆創膏をすれば治るはずです

「切り傷治る」の画像検索結果

それと同様に人間には自然治癒能力があるのですが

低体温の人は体温が1度下がると免疫力は30%も低くなる

ためその回復が遅くなってしまいます。

慢性的な腰痛、肩こり、膝の痛みなどは

筋肉や姿勢の調整も大切ですが体温を高く保ち

体がそれらを早く治るように生活習慣を改善することが大切です。

今回そのような体質改善コースをご用意しました。

もちろん体のどこかが痛い方も根本改善したいという方はコースに取り入れますのでご安心下さい。

体質改善だけ行いたいっていう方も全力でお力になりますのでお問い合わせください。

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA