坐骨神経痛専門整体師が教えるストレッチするべき筋肉ランキング 日本橋浜町 ヒーローズ・整体院

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

こんばんわヒーローズ・整体院院長の武井です。

当院には坐骨神経痛でお悩みのお客さがたくさん来られます。その中でも坐骨神経痛によって私が行っている施術内容を公開いたします。

坐骨神経痛の専門として病院勤務時代に働いていたことが多く活きています。本日はランキング形式で発表していきます。

この内容であなたの座骨神経痛が救われれば幸いです。

当院への来院の決め手になる方も多くいると思うのでよーくご覧ください。

坐骨神経痛の時に緩める筋肉ランキング

 

第3位 梨状筋

「梨状筋」の画像検索結果

この梨状筋はお尻の奥深くにある筋肉です。

この筋肉は坐骨神経の通りみちを横切って走行している筋肉です。

なのでこの筋肉が固くなると坐骨神経の神経の伝達が悪くなります。

当院ではこの筋肉を押すわけではなくて引き離す、ほどくように施術を行います。

第2位 多裂筋

「多裂筋」の画像検索結果

こちらは坐骨神経が脊髄という神経の束から枝分かれするところについている筋肉で

腰の奥深くにある筋肉です。

この筋肉は反り腰の方は短くなっている恐れがあります。

そのためその筋肉を伸ばすストレッチを行っています。

これを行うとですね~

体がポカポカしてきます。

第1位 腸腰筋 坐骨神経痛の時に効く

「腸腰筋」の画像検索結果

こちらは背中からおなか側に徐々に走行して股関節の前側についている筋肉です。

筋膜で内臓の腸ともつながっています。

この筋肉が固くなる人はデスクワークの際に足をきゅっと閉じているかたや

逆にのけぞったような座り方でデスクワークをされている方が固くなりやすいです。

この筋肉は筋肉の繊維の中で固くなるポイントがあるのでそちらのほころびを整えるように施術しております。

当院に来られるお客様はこの3つの筋肉のどれかが固い方が多くいらっしゃいます。

これらの筋肉を調整したうえでその方に合った体の使い方を提案しています。

当院は都営新宿線浜町駅より過ぎにありますのでお仕事終わりでも予約を取ってご利用されることをお勧めします。

 

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA