【股関節が痛い人必見!】日本橋浜町のヒーローズ整体院

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

股関節が痛いと体が壊れてきますよ!!

そのため腰痛や肩こり膝の痛み足の裏の異常。

具体的には外反母趾や扁平足などの影響も股関節に現れます。

    

股関節は体を支える役割と足を自由に動かす役割と二つの大事な機能を持っています。

そのため体を支えることだけに着眼した股関節の使い方だと

周りの筋肉が硬くなってしまい痛みとなって出現します。

特にうまく支えられずに激しく動かしすぎると

使われた筋肉が痛んでしまい痛みが生じます

基本的に人間は歩く時が動く時に

片方の足で体を支え片方の足を動かします。

そのため片方の股関節が安定して

体を支え片方の股関節は自由に動くことが

スムーズな動きにとっては必要条件となります

しかしそこにアンバランスが生じてしまうと

股関節を痛めることにつながります

股関節が痛いときに痛めやすい筋肉はこれだ

その時に痛めやすい筋肉としては

股関節の前側を伝える腸骨筋、大腰筋合わせて腸腰筋という筋肉

さらに横側、外側の安定性を確保するための小殿筋大腿筋膜張筋

があります。

今日は外側の安定性を確保する

小殿筋大腿筋膜張筋のストレッチをお伝えいたします

特に小殿筋大腿筋膜張筋は休めの 肢位

や片足に体重が乗りすぎた時に痛めてしまう筋肉ですので

前側の筋肉と比べると

比較的痛みやすい筋肉となっています。

この筋肉が痛んで股関節がうまく機能しないと

腰痛、膝痛にもつながってきます。

なので日々のケアとしても取り入れることを提案します。

股関節の痛みがある人にお勧めのケアはこちら

 

仰向けにベッドで寝てもらい両膝を立てます。

その状態で片方の足を組み足を組んだ側の方に軽く倒していきます。

この時の注意点ですが

強く足を倒してしまうと腰の筋肉と一緒に伸びてしまうので

股関節の大腿筋膜張筋小殿筋だけを狙ってストレッチすることが困難となります。

そのため重力に任せて倒れる分だけ倒すのがポイントです

そのまま足を組んだ方と反対の手を上に上げてもらい

深呼吸をします。

そのことでより股関節の小殿筋大腿筋膜張筋単独で伸ばすことが可能となります

深呼吸を一回した後

組んでいた足を元に戻します。

その状態で足を上げ下げすると股関節が柔らかくなったのを実感できるかと思います。

一度チェックした後にもう一度足を組んで同じような方法をとってください。

ストレッチは一回一回体にどういう効果があったか脳が理解することが大切になります。

そのため強くやったり長くやったりするよりかは

1回を的確にあることを頭に入れて行なってください。

動画にも載せておりますので是非行ってみてください。

本日は以上になります。ありがとうございます

 

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA