脳梗塞の後遺症でつま先が丸まってしまう原因とその対処方法 リハビリなら日本橋浜町のヒーローズ・整体院

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

脳梗塞の片麻痺により歩く時につま先が丸まってしまう原因について書いていきます。

脳梗塞のリハビリの課題その① 足の裏の感覚障害

「足の裏」の画像検索結果

歩くときには足の裏から感覚情報を

キャッチして脳までその信号を運び

床や地面に対して体がどうなっているのかを

情報処理し体現してくれます。

しかし脳梗塞により感覚障害があると

その情報が上手くキャッチできずに

足先が丸まってしまうことがあります。

脳梗塞の課題その② 腰の筋肉を固めている

「腰方形筋」の画像検索結果

麻痺した側の足を振り出すときに

腰方形筋という腰の筋肉を固めて

足をぶん回したように歩く方がいらっしゃいます。

その歩き方だと骨盤が引けて

足が自分の想定するところよりも手前で

ついてしまいます。

その状態ですと

太ももの内側からふくらはぎの内側まで繋がっている

筋肉が収縮して足を内側に倒します。

その筋肉が足先まで繋がっている為

つま先が丸まってしまいます。

脳梗塞のリハビリの課題その③ 杖に頼る力が強い

「T字杖」の画像検索結果

杖は麻痺していないほうの手で持ちます。

その手の力が強いと体が麻痺していないほうに

寄ってしまいます。

そうすると歩く時に

上半身と下半身が真っすぐを保てないため

原因②のように足をぶん回したような歩き方になります。

その結果足先が丸まってしまいます。

脳梗塞のリハビリの課題その④ 足首から先の麻痺

「麻痺 足先」の画像検索結果

あなたの脳梗塞が起きた場所は麻痺している側の

足の動きを司る脳の場所の血管が

詰まってしまったのかもしれません。

それにより足から先をうまく使えずに

足先が歩く時に丸くなってしまう事と

考えられます。

脳梗塞のリハビリの課題その⑤ 高次脳機能障害の影響

「半側空間無視」の画像検索結果

高次脳機能障害のうち

半側空間無視といわれる

症状が出ている場合

無意識の間に半分の空間を

脳が認識できていません。

その為おのずと麻痺していないほうの空間のみ

認識していることで

身体が麻痺していない側によってきます。

そのことがつま先を丸めてしまう原因となります。

脳梗塞のリハビリの課題は人それぞれ

つま先が丸まって歩いてしまうという

現象で悩まれている方は沢山いらっしゃいます。

しかし1人1人原因が違います。

それは脳梗塞なら詰まってしまった血管が栄養を送っている脳の領域

脳出血ならその血管が切れてしまったところ

そこがどこかによって変わってきます。

当院で対応できる脳梗塞のリハビリ方法

当院で対応可能な方は①~④の方になります。

高次脳機能障害が強いことが原因の方は

言語聴覚療法や作業療法が専門となります。

理学療法では麻痺の改善、感覚障害の改善

身体の使い方の学習,体を自分で認識する方法

を中心に進めていきます。

脳梗塞のリハビリの後遺症改善を諦めないあなたへ

私は9年間リハビリ専門病院で数多くの

脳梗塞の後遺症に悩まれる方とともにリハビリをしてきました。

知識、技術には絶対の自信があります。

外出がしたい

旅行に行きたい

痛みをとりたい

スポーツがしたい

車椅子生活を卒業したい

様々な目標を持たれた方が当院に通われています。

あなたもあなたの目標を当院で叶えてみませんか?

中央区は日本橋にてお待ちしております

わたしがあなたのヒーローになります。

 

 

 

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA