腰痛がある人のための朝のケア 日本橋浜町のヒーローズ整体院の腰朝ケア

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

腰痛の実態 日本橋浜町整体

今現在日本の人口の9%が腰痛の自覚症状を持っています。

また腰痛は約84%の人が一生のうちに経験するといわれております。

男女共に全ての現代において国民の愁訴の上位三位以内をしめる。

極めて頻度が高い症状。それが腰痛です。

病院や整体院を受診される方の腰痛の10%以上はレントゲン 、MRI などの画像所見と

症状の合致がしない

非特異性腰痛だと言われています

腰が痛いなあと感じても約8割の方が自然治癒すると言われています。

しかしながら1年以内に再発率が60から70%とも言われています。

 

非特異的腰痛症とは筋肉や筋膜などの筋筋膜性腰痛症

椎間板ヘルニアになる一歩手前の椎間板症

その椎間板を挟んでいる椎間関節障害

また背骨を支えている骨盤の仙腸関節痛などが挙げられます

非特異的腰痛症の原因

椎間板や関節腰椎にかかる負担が腰痛の引き金となっています。

解剖学的な動きでいうと

体を前に倒す前屈動作および

そこに回旋動作が加わると

腰痛の引き金となります。

具体的な動作で言いますと

顔を洗う動作

顔を洗いながら下を向いたままタオルに手を伸ばす動作など

またズボンを履いたり靴下を履く動作

我々が何気なく朝の準備としてやっている

日常生活動作が腰痛の引き金となってきます

そのため朝起きた時のベッドの上でいかにケアできるかが

腰痛を引き起こさないはた。また再発しないために取り入れたいこととなります

朝にやって欲しい腰痛体操

それでは方法を説明します

①ベッドに寝た状態で両膝を立ててください

そのまま右に膝を治してくださいその状態で左手を頭の方向に上げゆっくり深呼吸をします

深呼吸が終わりましたら手を戻し

次に左に膝を倒し右手をあげます再び深呼吸をしてください

深呼吸が終わりましたら手を戻します

②今度は両脇に手を置いて

ベッドに背中をこすりつけるように左右に体をゆすります

③最後に立てている膝を開きおへそを見るように軽く頭をあげます

朝の新鮮な空気を取り入れて体が柔らかくなったのを実感して

ゆっくり起き上がってください

次に腰痛の再発する原因について解説していきます

腰痛が一旦起きると腰椎を守っている

軟部組織や筋肉の中で炎症や微細な出血が起こります

人間の生体反応として

その炎症出血を止めるために

いろんな組織が集合体となって癒着します

その結果今まで滑らかに動いていた

腰椎が動きが鈍くなり動く範囲が狭くなります

また一度痛めてしまうとそこの痛めてしまった部分を

動かさないように生活動作を行ってしまいます

そのためその動作を繰り返す限り

痛めてしまったところは動きが

どんどんどんどん悪くなるといった悪循環が生じます

その動作を繰り返す限り腰痛として感じてなくても腰痛予備軍として再発しやすい状態を作り出しています

腰痛を再発しないためにどうしたらいいのかを解説します

それは滑らかな骨盤腰椎の動きを手に入れることが一番になります

そのため一時的に痛みが取れた場合に

徐々にでいいので痛めた部分を

動かしていくことが必要となってきます。

腰痛予防には日常生活を見直す必要があります

この動画では腰痛にならない立ち方靴下の履き方,

顔の洗い方を動画に収めましたのでご覧ください

腰痛にならない靴下の履き方は腰が反らない状態で靴下を履くことがポイントです

腰痛になってしまうと腰を反ったまま

足を上げ股関節、膝関節を屈曲するため

鼠径部(パンツのライン)のところで詰まったような形で

足が上がらない。

そこで無理やり履こうとするので

ぎっくり腰になる可能性があります

そのため膝、股関節を曲げ

足を上げたら骨盤を倒すように

お腹の奥の方に力が入るように

足を上げてみましょう。

そうすることで楽に足に手が届くのを実感できるかと思います。

腰痛がある人が顔を洗う時の注意点

前方重心になりつま先に力が入り腰が反った状態で

顔を洗うと腰を痛める可能性があります。

さらにその状態ですと腰の筋肉が硬くなっており

脇においていたタオルに手を伸ばすと

回旋動作が入りぎっくり腰になる可能性があります

そのためややかかとの方に体重をかけ腰を丸くして顔洗ってください

そしてタオルを取るときはタオルが置いてあるほうの足を一歩外に開いてタオルを取るようにしてください

そうすることで腰椎で回旋を行っていたのを

股関節が補ってくれるため腰痛になりづらいです

最後に滑らかな骨盤腰の運動手に入れた方に半永久的に腰痛にならない運動お届けします

運動の原理としては腰椎を囲んでいる背中側の筋肉を鍛える方法です。

①背中側の筋肉を鍛える方法は仰向けに寝ていただき両膝を立てます

その状態でお尻の穴を閉めて恥骨が上がってきたのを感じてください

そのままお尻をゆっくり上げてください

あげきったところで一度深呼吸をしてゆっくりお尻を下ろします

この運動を1日5回から始めてみましょう

②腰椎の反対側にあるお腹の奥底にある筋肉を鍛える方法

ベッドの上で四つん這いになり肘をベッドに着きましょう

その状態でおへそを中に入れるように力を入れます

そのまま両膝を伸ばしてつま先だけベッドにつき膝が伸びてる状態になります

そこでお腹から息を吐くように深呼吸をしましょう

5秒ほどキープした後膝をベッドに戻し一度休憩を挟みます

この工程を5回ほど行なってください

日常生活で5分でいいのでこの方法を取り入れていただくと腰痛を予防できると考えます

是非行ってみてください

それでは腰痛にならないように

そして再発しないように健康で一日でも長く生活できるように

皆様の健康をお祈りしております

腰痛でお困りの方はこちらをクリック

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA