膝が腫れていたいあなたへ その原因と対処方法教えます。日本橋浜町の整体 ヒーローズ・整体院

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

膝が腫れていたいあなたへ向けてその原因と対処方法を書きます。

膝が腫れる膝が痛いのはこういうメカニズム

膝が腫れて水がたまるということは

そこに炎症が起きているからです。

炎症が起こる組織は人それぞれですが

半月板や軟骨、靭帯を損傷した際に炎症が起こります。

しかしそれが長く続くとなるとまた別の要因を考えなくてはなりません。

「膝が腫れる」の画像検索結果

膝の腫れで膝の痛みが収まらない時は炎症物質が滞っていることが原因

膝の周りには脂肪体がついています。

近年この脂肪体の中に痛み物質が滞り

慢性的な痛みに繋がることが言われています。

ではなぜ脂肪体が固まるのか

それは膝の痛みをかばって正しく膝を動かせていないのが原因です。

「膝蓋上納」の画像検索結果

この矢印で表しているのが脂肪体です。お皿の骨の上と下に良くついています。

この脂肪体は膝の曲げ伸ばしの際に動いてくれます。

しかし膝が腫れて痛い人はこの膝の動きが上手くできていないことが多いです。

水を何回か抜いても良くならない方は以下の方法を試してみてください。

膝蓋脂肪体のストレッチ↓

膝の腫れ、痛みは脂肪体が動きを止める膝蓋骨が原因

よくお皿って呼ばれる膝蓋骨。

こちらも膝関節の動きの中でとても重要です。

膝蓋骨は上下、左右に動きますので

その動きが制限されると膝の滑らかな動きが阻害されて

再び脂肪体、筋肉を固めてしまい

膝の痛みをぶり返すことに繋がります。

下の動画で膝蓋骨の自主ストレッチを解説していますので是非やってみてください。

膝の痛み、膝の腫れに対して水を抜く効果

病院に行って腫れている膝に対して水を抜く処置をされると思います。

それは抜いた血液の色を判断してそれが炎症によるものなのか、関節液なのか

リウマチなどのご病気でないか判断する為です。

1度で抜いてよくなる方は病院で処置されることを提案します。

しかし何度も抜いても良くならない場合は

膝関節を包んでいる組織が上手く動かせていない。

日常生活を送るうえで固まっていることが要因なので

これは間s熱を正しく動かす方法が改善への近道です。

その場合は整体院や理学療法士に見てもらうようにしましょう。

膝の痛み、膝の腫れに対してヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射で治る膝の痛みはあります。

それは膝関節の内部の異常。軟骨の異常によるものには大変有効です。

しかしおおくの膝の痛みは1次的な軟骨や半月板、靭帯の損傷より

それらをかばって成果地した結果の筋肉や脂肪体の動きの以上によるものが多いです。

その場合はヒアルロン酸注射はあまり効果が期待できません。

ヒアルロン酸注射=関節内

関節外の痛み=筋肉や脂肪に対する治療となります。

その為ご自身の痛みの原因と治療方法があっていないと

痛みはよくなりません。

膝の腫れ、膝の痛みには整形外科or整体院

選択のポイントは原因がどこにあるのか?

痛めた時から経過した時間がポイントとなります。

またレントゲンやMRIで原因がはっきりするかどうかも病院で診てもらいましょう。

原因が関節内にあって痛めたばかりだと

病院でレントゲンまたはMRIをとって関節内を調べてもらいましょう。

そこで異常がある場合は注射や水を抜く対応も必要です。

しかしレントゲン、MRIで異常がない。

なのに水が溜まる。痛い。

注射や水抜きをしても痛みが変わらないという方は

膝関節を取り巻くもののどこかに動きの制限があるので

そちらを治療していくことになります。

膝の腫れ、膝の痛みに対して整体院はさらにその原因も突き止めます。

膝の痛みが軽減してきた後

大事になってくるのが

なぜ膝が痛んだのか?

明らかな外傷の場合はその外傷がきっかけとなるのですが

そうではない膝の痛みの場合

あなたの日常生活に痛みが隠されています。

それを問診、検査を通して明らかにしていくことは

整体院の得意とすることです。

そちらをご希望の方は当院へご相談ください。

あなたの膝の痛みが改善することを

中央区・日本橋より

心から応援しております。

今すぐ改善したい人はこちら

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA