東京で病院と併用来院可能な整体院は日本橋浜町ヒーローズ・整体院【膝の水抜きが有効な場合】

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

膝の水がたまるとは

膝に水がたまるとよく言われますよね?

その水の正体は膝の関節を滑らかに動かす役割をしている関節液です。

その関節液は膝の痛みがない方は生成と吸収を繰り返していて一定の量を保っています。

何らかの原因で膝に炎症が起きた時に過剰に関節液が分泌されてしまうと

膝関節の中の方の関節包の中に関節液が溜まってしまいます。

膝の水が溜まる機序

膝関節の中になんかしらの損傷が起こると炎症が起きます。

この損傷、炎症は急性の膝の捻挫に限らず

繰り返す階段の上り下りや歩く時に膝に負担がかかっていると

関節の中の方が炎症が起きます。

その結果水が溜まるということになります。

水を抜くと癖になるのか?

病院で水を抜いても繰り返して水が溜まってしまう場合は

炎症が続いている証拠です。

水を抜いたとしてもその炎症を引き起こす要因を

取り除かないと再び水が溜まってしまいます。

それが癖になるという風に言われているところです。

水が溜まったときにできる対応とは

炎症があり、熱感がある場合は冷やすことをお勧めします。

湿布ではなく氷水をビニール袋に入れてタオルで巻き

膝の周りに15分程度当てておくことをお勧めします。

「膝にアイシング」の画像検索結果

その次に膝の周りの固くなった筋肉を柔らかくしてください。

あまりに痛みが強いときは病院でヒアルロン酸注射やステロイド注射を受けた方が

その場の痛みの軽減に繋がります。

併せて整体で筋肉を動かすと効果がさらに高まります。

そして膝を痛めている原因を取り除くことができるので

再発予防に繋がります。

当院でも急性の痛みに対しては病院でも注射との併用を

おすすめしているケースもございます。

膝の痛みの方はこちらをクリック

 

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA