膝の痛みに対する自主ストレッチ 日本橋浜町の整体 ヒーローズ・整体院

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

こんにちはヒーローズ・整体院 院長の武井です。
本日は膝の痛みをご自身で解消できるストレッチをお伝えいたします。

本日はふくらはぎのストレッチです。

当院のストレッチでは筋肉をもむ、筋肉を伸ばすことよりも骨から筋肉を引きはがすことをモットーとしています。

膝の痛みは筋肉の内部が原因?

「筋肉 血管」の画像検索結果

筋肉の中にはこの図のように血管が流れています。

その血管の中に疲労物質や痛み物質が停滞することで慢性的な痛みを引き起こしています。

それに対して筋肉をもむ、引き伸ばすということはその血管の通り道を狭めてしまいます。

そのため、その血管の通り道を広げてあげることを第1の選択としています。

血管の通り道を引きはがしストレッチで作った後に筋肉を伸ばすストレッチを行うと効果的です。

ふくらはぎと膝の痛みの関連性

ふくらはぎは立っている姿勢で前方重心をとると張ってきます。

体が前に行く力を止めていると考えてください。

膝を痛めるケースとして脛の骨に対して大腿骨が前方に滑ります。

「下肢骨」の画像検索結果

それを止めているのがふくらはぎの筋肉です

「ガストロ筋肉」の画像検索結果

そのためこの筋肉を伸ばすストレッチを行うと前方重心になっているのを助長し

場合によっては膝の痛みを悪化させるケースがあります。

そのため以下の動画の骨から引き離すストレッチを推奨します。

それではやってみましょう。

ヒーローズ・整体院ではこのような方法をお伝えするとともに姿勢の改善、脳脊髄液や内臓を調整し血管の中の循環の改善を行っています。

膝の痛みはこちら

詳細情報はこちらに全てまとめております。
今すぐチェック!

https://heros-seitai-23tokyo.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA