坐骨神経痛一覧

このようなお悩み

\ありませんか?/

☑お尻や足にしびれが出てくる

☑長く歩くと足が重くなりとまってしまう

☑足がこわばっている

☑自分の足ではないような感覚がある

☑整体院でなおるのか疑問を抱いている

☑痛みがない日がなくストレスである

☑一生付き合っていくのかと諦めている

坐骨神経痛になた原因は人によって違います

「坐骨神経痛」の画像検索結果

 

坐骨神経痛になりやすい方の特徴

「坐骨神経」の画像検索結果

・片方にいつも重心が傾く癖がある

・長時間の立ち仕事座り仕事

・足を組む癖がある

・いつも同じ体勢で寝ている

・腹筋が弱い

・猫背

・体が固い

坐骨神経とは? 

「坐骨神経領域」の画像検索結果
坐骨神経は、背骨の腰にあたる部分である腰椎から出ている神経のことです。
 
この神経は腰椎から出て、お尻〜太ももの裏側〜ふくらはぎ〜足の裏にかけて伸びています。
 
この腰椎から足の裏までのどこかで神経が障害されると、それより下の部分で痺れや痛みが出現することがあり、それを坐骨神経痛と呼んでいます。
 

坐骨神経痛は原因がはっきりしない?

例えば、坐骨神経痛のお尻の部分で神経が障害されると、それ以下の太ももの裏側〜足の裏までが障害される可能性があります。

坐骨神経が腰椎の変性で障害されたものが、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症といわれます。

しかし、これといってレントゲン画像上問題なく原因がはっきりしないのに痺れや痛みが出ている場合があります。
 
この場合、はっきりとした診断名はつけられないのですが、足にある痺れや痛みということで坐骨神経痛でしょう。と診断されることがあります。
 

日常生活を送る中で固くなっていく筋肉たち

 
筋肉が本来よりも硬い状態となると、神経を圧迫してその神経に沿った痺れや痛みを引き起こすことがあります。
 
例えば、背骨の一番下にあたる「仙骨」と呼ばれる部分から太ももの骨である「大腿骨」の外側にかけて付いている「梨状筋」と呼ばれる筋肉があります。
 
梨状筋の真下には坐骨神経が通っており、梨状筋が硬くなると真下にある坐骨神経痛を圧迫してしまい、太ももから下に神経障害を起こすことがあるのです。
 
「梨状筋」の画像検索結果

どうして筋肉が硬くなるのか?

歩くとき、立っているときに筋肉を使いすぎているからです。人間の本来備わっている骨格で立てていないからです。

歩き方、立ち方、座り方、階段の上り下りの仕方といった姿勢・体の動かし方が正しくなかったばっかりに筋肉を使いすぎて坐骨神経を圧迫し、

痺れや痛みが出現しています。

梨状筋

「梨状筋」の画像検索結果

この梨状筋はお尻の奥深くにある筋肉です。

この筋肉は坐骨神経の通りみちを横切って走行している筋肉です。

なのでこの筋肉が固くなると坐骨神経の神経の伝達が悪くなります。

当院ではこの筋肉を押すわけではなくて引き離す、ほどくように施術を行います。

多裂筋

「多裂筋」の画像検索結果

こちらは坐骨神経が脊髄という神経の束から枝分かれするところについている筋肉で

腰の奥深くにある筋肉です。

この筋肉は反り腰の方は短くなっている恐れがあります。

そのためその筋肉を伸ばすストレッチを行っています。

これを行うとですね~

体がポカポカしてきます。

腸腰筋

「腸腰筋」の画像検索結果

こちらは背中からおなか側に徐々に走行して股関節の前側についている筋肉です。

筋膜で内臓の腸ともつながっています。

この筋肉が固くなる人はデスクワークの際に足をきゅっと閉じているかたや

逆にのけぞったような座り方でデスクワークをされている方が固くなりやすいです。

この筋肉は筋肉の繊維の中で固くなるポイントがあるのでそちらのほころびを整えるように施術しております。

当院での改善方法

皆さんご存知でしょうか?

よくある電気療法やマッサージなどを受けて一時的に痛みが引いても、すぐにぶり返してしまいます。

それは本当の原因にアプローチしていないから。

痛みの本当の原因は表面的な個所ではなく、別の所にあります。

当院では綿密なカウンセリング・検査から本当の原因を特定し

症状を根本改善&再発予防へ導きます